港区の税理士の資格と難易度

港区の税理士の資格と難易度

港区の税理士とは税務に関する専門家であり、専門的内容が多く、一発合格は難しい資格です。

 

合格後は、会計事務所などに就職する人が多く、税務代理や書類の作成など税務関係の幅広い仕事を請け負っています。税理士といえば高額所得者というイメージがありますが、これは営業をしっかりして独立した人のみ多額の収入を得られるのであって、大抵の人は一般のサラリーマンと同じような給料です。

 

数ある国家資格の中でも難易度が高く合格率が低い資格で、試験を受ける為には受験資格を得なければいけません。

 

これは、大学や専門学校で税理士について学んでいれば取れるものであり、その後は11科目の試験科目のうち5科目合格すれば税理士の資格を得る事ができます。

 

科目合格制なので一回の試験で3科目合格して次の試験の時に残り2つを合格しても大丈夫であるので、頑張れば取れる資格です。

 

しかし、専門性知識が必要になるので、独学で合格するのは難しく、多くの人は資格学校に通い合格を目指します。港区の税理士は難しい資格ではありますが、持っていて損は無い資格ですし、会計事務所ではなく一般会社に就職する際、履歴書に書けば有利になるかもしれないので、転職しようと思っている人などにおすすめな資格です。