港区の税理士の役割と特徴的な業務の種類

港区の税理士の役割と特徴的な業務の種類

税金のことを相談したり、税金に関わる業務そのものを行う業種の人のことを「税理士」と呼びます。

 

港区の税理士には3つの業務体系があり、一つ目が「税務代理」と呼ばれるものです。

 

税務代理とは、主に税務署の税務調査の立会人として対応する業務のことで、税務官が会社や自宅に来る時に立会人として立ち会う業務です。

 

次に、これが最も多いかもしれませんが、「税務署類作成業務」があります。

 

税理士は特に税関系のことを相談されますので、税務署に提出する申告書を作成するために、納税の時期になると忙しくなる人がほとんどです。

 

三つ目は、書類作成業務です。遺産相続に関わる相続書類の作成をしたり、企業と契約をし、専属税理士として書類関係の作成を引き受ける方もいます。

 

また、会社の経理状態を把握し、場合によっては経営コンサルタントのような役割も果たします。

 

最近の税理士は税務のことだけをやっていれば良いというわけではなく、入出金の管理や会社の財務状況の相談にも応じるケースが増えてきています。

 

このように、税理士は一昔前は税金の勉強をし、書類作成・提出を行なっていれば良かったのですが、昨今は会社の経営状況も把握しつつ、その会社が発展するにはどのように経営をしたら良いかという相談にも乗り、会社全体の経営を広い視野で見ることが求められているのです。

 

東京の幼児教室ならトモエMI